いつもありがとうございます。「あすなろ乃家」株式会社蔵王工務店です。

あすなろが 「日々のあれこれ」を書いています。 
福山生まれ、福山育ち。皆様にいちばん身近な地域密着型総合住宅業としてがんばって参ります。 
新築工事・リフォーム・太陽光・・・お家のことならなんでも^^ご相談下さい。
人との繋がりを大切にした、家を造り続けます。
出会いに感謝 笑顔に感謝 おかげ様でありがとうございます^^ 

 

 

 

ダウンロード

 

以前行った、円ブリオさんの「いのちの講演会」での中であったお話です。

いつも当たり前に思っていること・・・

ちょっと立ち止まって考えてみませんか?

 

 

【いのちをいただく】

実話を元にした絵本をご紹介します。

坂本さんは、食肉加工センターに勤めています。

牛を殺して、お肉にする仕事です。

坂本さんはこの仕事がずっといやでした。牛を殺す人がいなければ、牛の肉はだれも食べられません。

だから、大切な仕事だということは分かっています。

でも、殺される牛と目が合うたびに、仕事がいやになるのです。

「いつかやめよう、いつかやめよう」と思いながら仕事をしていました。
ある日、一台のトラックが食肉加工センターの門をくぐってきました。

荷台には、明日、殺される予定の牛が積まれていました。

助手席から十歳くらいの女の子が飛び降りてきそのままトラックの荷台に上がっていきました。

すると、女の子が牛に話しかけている声が聞こえてきました。

「みいちゃん、ごめんねぇ、みいちゃんが肉にならんとお正月が来んてじいちゃんの言わすけん、

みいちゃんば売らんとみんなが暮らせんけん、ごめんねぇ、ごめんねぇ、みいちゃん」

そう言いながら牛のお腹をさすっています。

 

坂本さんは「見なきゃよかった、この仕事はもうできん。

明日は休もう」と思うのでした。

坂本さんは、「この仕事はやめよう。もうできん」と思いました。

そして思いついたのが、明日の仕事を休むことでした。
坂本さんは、家に帰り、みいちゃんと女の子のことをしのぶ君(息子)に話しました。

「お父さんはみいちゃんを殺すことはできんけん、明日は休もうと思っとる」と言いました。

すると「お父さん、やっぱりお父さんがしてやった方がよかよ。心の無か人がしたら、

牛が苦しむけん。お父さんがしてやんなっせ」

 

会社に着いても気の重い坂本さんでした。

牛を殺し解体する、その時が来ました。

坂本さんが、「みいちゃん、ごめんよう。みいちゃんが肉にならんと、みんなが困るけん。

ごめんよう…」と言うと、みいちゃんは、坂本さんに首をこすり付けてきました。

坂本さんが、「じっとしとけよ、みいちゃんじっとしとけよ」と言うと、

みいちゃんは、ちょっとも動きませんでした。
その時、みいちゃんの大きな目から涙がこぼれ落ちてきました。

坂本さんは、牛が泣くのを初めて見ました。
そして、坂本さんが、ピストルのような道具を頭に当てると、

みいちゃんは崩れるように倒れ、少しも動くことはありませんでした。

 

 

いかがでしょう。

「いただきます」って、日本ならではの言葉なんだそうです。この言葉を知らない外国の人は、

「いただきますって、何ですか?」「それは、神に対する祈りですか?」と聞いてきます。

日本人はお箸を食器の前に横に置きます。

そんなことをするのは日本人だけだそうです。お箸を使う韓国でもお箸は横に縦置きにするそうです。

これは自然を尊ぶ和食の精神のあらわれです。

命をいただくと考えます。

箸をひとつの境として、こちら側の人間世界と神聖な自然の世界との結界としているのです。

いただきますと結界を解いて神聖な食べ物を口にできるんですね。

 

今は食が満ち溢れなかなか食べ物のありがたみを伝えることは難しい時代です。

現に日本の食品廃棄量は2000万トン以上と言われています。

私たちは食べ物を食べないと生きていくことはできません。

人が生きると言う事はいのちを頂くこと。

何かのいのちをいただくこと。

そんな食べ物のありがたみがわかる絵本です。

 

ダウンロード

いのちをいただく

文  内田美智子

絵  諸江和美

監修 佐藤剛史

西日本新聞社

1200円+税

 

 

asunaroロゴ

yukihiro

 

「始めての家づくり塾」
毎月第3日曜日開催
10:00~
14:00~



常に快適な住まい作りを目指す
「あすなろ乃家」
株式会社蔵王工務店

^a^  ^s^  ^n^  ^r^
  福山市千田町千田3212-1
  TEL (084)955-1078


    っと驚く
    てきな空間
    かよし家族の夢と
    まんを叶えるお手伝い