いつもありがとうございます。「あすなろ乃家」株式会社蔵王工務店です^^

あすなろが 「日々のあれこれ」を書いています。
福山生まれ、福山育ち。皆様にいちばん身近な地域密着型総合住宅業としてがんばって参ります。
新築工事・リフォーム・太陽光・・・お家のことならなんでも^^ご相談下さい。
人との繋がりを大切にした、家を造り続けます。

リフォームでは価格の相場がよくわからないといわれていますが、それはリフォームに含まれる工事の範囲や交換する設備のグレード、また提示されている工事金額も、リフォーム会社によって違うためなのです。

 

建物の傷み具合や、住まい手の要望を考えつつ設計するリフォームでは、相場がないのも仕方ないといえます。しかしある程度はリフォーム費用の相場を知ることは出来ます。それは相見積もりを取ることによって、大体の相場がわかります。

 

相見積もりは、工事の適正相場や、信頼できる業者を見つけるためなのですが、ほとんどの方が相見積りの取り方や使い方を誤解しています。そのために満足度が低いリフォームの原因を自ら作っているのです。

 

相見積もりを取るうえで、知っておいた方がいい、3つのタブーがあります。

タブーに気を付けて上手に相見積もりを取りましょう。

 

082980

 

 

リフォームの相見積りを取る理由

相見積りとは、同時に複数業者から見積り書を取って、見積書の内容や金額を比較検討することです。リフォームには定価というものがないので、リフォーム会社から提示されたリフォーム費用が、適正なのかはその会社だけでは判断できないのです。

 

複数のリフォーム会社からそれぞれ見積り書をもらうと、リフォーム費用が著しく高い金額や、悪質度の高いリフォーム会社を排除できます。

またそれぞれのリフォーム会社の工事金額や施工に対する意識などをチェックできるので、結果的にリフォーム費用にもプランの内容にも納得できるリフォーム会社を選ぶことができます。

 

 

リフォームの相見積りで気を付けること

相見積りはリフォーム費用の値下げだけに利用するためのものではありません。複数のリフォーム会社に見積もりを依頼するので、リフォーム会社との信頼関係が築けないと、追加工事やトラブルなどでリフォームが失敗、またリフォーム工事自体がなくなってしまう可能性もあります。

 

リフォームを少しでも安くしたいという気持ちはわかりますが、相見積りでリフォーム会社を比較するときに、やってはけないことをやってしまい、リフォーム会社との信頼関係を壊してしまったり、リフォーム費用を安くしたつもりでも、施工後に追加料金を請求され、結局高くついてしまったりと、意外と相見積りをうまく使っている人は少ないようです。

 

リフォームの相見積もりを取るのは多くても3社にする

はじめてリフォームをする際に、少しでも費用を安く抑えようと、より数多く相見積りを取ってしまう傾向があります。しかしリフォーム会社の数だけ、打ち合わせをすることになりますので、それだけで相当疲れてしまいます。また数多くのリフォーム会社と打ち合わせしなければならず、混乱してしまうこともあります。そのため結果的に打ち合わせ内容で本当に必要なことが入っていないことあり、相見積りに失敗してしまうことも多くなります。

 

たくさんのリフォーム会社から見積りを取るよりも、絞り込んで多くても3社くらいにしてリフォーム会社としっかりと打ち合わせをした方がいいでしょう。少なくとも3社ほどあれば、リフォーム相場も見えてきますし、また見積りを比較することにより、各業者の見積りでの工事内容など抜けていることを見つけやすくなります。

 

リフォームのトラブルを未然に防ぐためにも、リフォーム会社を選ぶのはそんなに欲張らないくらいがちょうど良いようです。

 

リフォームの相見積りの条件を統一する

せっかく複数社に依頼した相見積りも、比較検討できない内容だと意味がありません。相見積もりを依頼するときには、条件などを統一して、相見積もりを依頼します。相見積りではついリフォーム費用ばかり気にしてしまいますが、その前にすべてのリフォーム会社に対して、見積もりをできるだけ同じような条件でもらうことが大切です。

 

相見積もりを依頼するリフォーム会社には「洋室」「寝室」「トイレ」と工事箇所を揃えて、リフォームで使いたい設備・建材の種類や品目、自分のリフォームイメージ、予算などをしっかりと伝えておきます。そのようにして出してもらった見積もりならば、単純比較しやすくなりますし、工事費用以外のチェックポイントも見えてくるのです。

 

リフォームの相見積もりでほかの会社に見積り書を見せる

リフォーム会社と打ち合わせをする中で、リフォーム範囲の変更や、細かい部分の仕上がりにこだわると、リフォーム会社の打ち合わせは多くなります。複数社と打ち合わせをしていて、工事範囲や仕上げ材の種類など、同じことを何度も説明したりするのは大変なので、どこか1社の見積り書をそのまま他の業者に見せてしまえば、説明が楽になりますが、しかしこれはマナー違反に当たります。

 

あるリフォーム会社が苦労してお客様と打ち合わせした結果の内容・情報や積算した金額が他社に見られてしまうと、そのリフォーム会社は以後真剣に打ち合わせに応じてくれなくますし、リフォームの話自体がなくなるかもしれません。

 

そもそもリフォームにおける相見積りでは、リフォーム費用の相場や、工事範囲や施工方法などを把握することを優先します。そうすることで以後の打ち合わせも、実際のリフォーム工事もスムーズになります。

 

 

リフォームの相見積もりで最安値がいいとは限らない

相見積りは費用をなるべく安く抑えるため、比較検討して、リフォーム会社を選ぶための手段です。しかしその中で金額の高い・安いだけでリフォーム会社を選んでしまうと、それがもとで新たなトラブルにつながることもあるのです。せっかく安いリフォーム費用の見積りを出してもらっても、その見積りに金額が間違っている、施工が手抜きになっている、なんてことは元も子もありません。

 

また中には意図的に安い金額を提示して、後から追加工事をたくさん行うような会社もあります。特に著しく安いリフォーム費用を提示してきたリフォーム会社については、見積りの漏れはないか、工法に問題はないのか、どうして安く見積ることができたのか、などを事前に質問しておいたほうがいいでしょう。

 

 

リフォームの相見積りはリフォーム工事の入り口

リフォーム会社との付き合いの出発点は「見積り」にあるといえます。そのリフォーム会社の工事に対する姿勢を、見積もりによって初めて金額で見せ付けられるところです。

 

しかし「見積り金額=リフォーム総額」とは必ずしも言えません。

 

リフォーム工事を進めていると、必要な追加工事や、仕様変更があった場合に、リフォーム会社に、その費用を説明してもらい、納得して支払えるか、というところが最後になってリフォームの満足感に直結します。

 

 

リフォームの相見積のよくある3つのタブーのまとめ

相見積もりはわかりづらいリフォームの相場を知ることができ、リフォーム会社の工事に対する姿勢を見極めるのに、非常に大切です。

 

また、リフォーム費用を適正価格に抑えるのにも役に立ちます。しかし、相見積もりを利用して、リフォーム金額を余計に下げようとしてしまいがちです。相見積もりは見積もりを出してくれたリフォーム会社との信頼で成り立っています。その信頼を壊してしまう使い方はしないようにしましょう。

 

くれぐれも「相見積り」が工事費用を安くするためだけでなく、良い業者を見抜くためのテクニックであるということを忘れずに、リフォームプランを立てるようにしましょう。

「始めての家づくり塾」
毎月第3日曜日開催
10:00~
14:00~



常に快適な住まい作りを目指す
「あすなろ乃家」
株式会社蔵王工務店

^a^  ^s^  ^n^  ^r^
  福山市千田町千田3212-1
  TEL (084)955-1078


    っと驚く
    てきな空間
    かよし家族の夢と
    まんを叶えるお手伝い