いつもありがとうございます。「あすなろ乃家」株式会社蔵王工務店です^^

あすなろが 「日々のあれこれ」を書いています。 福山生まれ、福山育ち。

皆様にいちばん身近な地域密着型総合住宅業としてがんばって参ります。

新築工事・リフォーム・太陽光・・・お家のことならなんでも^^ご相談下さい。

 人との繋がりを大切にした、家を造り続けます。

0c2d7d4a1eb62b89006ba57efd5442d2_l

 

 

住宅を建ててもらう際に「工務店にすべきか、それとも大手の住宅メーカーにすべきか」で悩んでしまう人は少なくありません。両者は同じように見えて色々な違いがあり、施工の満足度も変わってきます。そんな住宅を建てる上で知っておきたい工務店と大手の住宅メーカーとの違いについてポイントを押さえていきましょう。

 

 

1.工務店にも色々ある

工務店は大手の住宅メーカーよりも遥かに個性的なお店が多くなっています。工務店によっては「デザインを売りにしている」という工務店や「自然に配慮して住宅を建ててくれる」工務店もあり、要望に応じて色々な工務店を選んでいけます。そもそも工務店とは昔ながらの日本の大工が現代的に発展した形と言っても良いでしょう。

 

1-1.工務店のタイプ

工務店には色々なタイプがあることもポイントです。例えば、デザインを重視しているデザイン工務店がその一つでしょう。デザイン住宅などもてがける工務店で、より現代的なデザインの建築をお願いしていけます。また、昔ながらの棟梁管理タイプの工務店もあります。この工務店では棟梁がデザインから工事まで一貫して管理し、コストも押さえやすいのが特徴でしょう。他にもデベロッパタイプの工務店もあります。この工務店では土地を自社購入することがポイントで、自前の土地に住宅を立てて建売住宅として販売することなども行っています。このように工務店には色々なものがありますから、自分の要望に応じて適した工務店を選んでいくことが大事です。

 

1-2.工務店は自由度が高い

工務店は大手の住宅メーカーよりもより自由に建築をお願いすることができます。大手の住宅メーカーでは「ウチは鉄筋造りの家しか建てられない」「3ヶ月は予約で埋まっている」といったように制限が多いのですが、工務店ではそんな縛りもありません。また、デザインの点でも工務店に軍配が上がります。大手の住宅メーカーだと画一的な住宅になってしまい、個性に欠けるということが多いのですが、工務店は一人ひとりの顧客に応じて最適なデザインを考えてくれます。特に大手の住宅メーカーによっては社内の建築規定に強く縛られていて、思うように話が進まないこともあります。大手の住宅メーカーは自社のブランドにもこだわっていて、ブランドイメージから外れる設計の住宅は手がけたがらないといったこともポイントです。

また、工務店は住宅メーカーよりも時間をしっかりかけて話を聞いて「どのような家が良いか」といったことを一緒に考えてくれるので、満足度の高い家が出来やすいのです。このような工務店と大手の住宅メーカーとの違いは意識しておきたいものでしょう。

 

1-3.職人としての意識が強い工務店

工務店は良い意味で職人気質なこともポイントでしょう。そのため、情熱を持って住宅を建ててもらえます。また、工務店は地元の信用で成り立っている面がありますから、信用を落とすような欠陥住宅などは決して作らないことも工務店ならではです。工務店はある程度難しい住宅でもやってくれることがありますから、独創的な家を作りたい際にも利用しておきたいものでしょう。

 

1-4.より深い付き合いができる工務店

建築会社との関係は家を建てて終わりではありません。家を建ててもらった後も修理や管理などで色々とお世話になることがあります。そんな点でも工務店は優れています。大手の住宅メーカーでは家を建て終わると関係が終わってしまうこともありますが、工務店では施工後もリフォームや改築など色々な面で頼ることができます。そのため、より建築会社とより密接な関係を築きたいのであれば工務店の方が断然良いのです。また、工務店は地元の顧客を大事にしてくれ、関係を深めていくにつれて割引で増改築などを行ってくれることもあります。地域のリフォーム会社や水道工事会社などにも顔が広いので、何か困った時には大変頼りになるのが工務店なのです。

 

1-5.工務店では安く家を建ててもらうことができる

工務店の大きなメリットとして「安さ」があります。工務店は大手の住宅メーカーのように余計な広告費や人件費がかかりませんから、それだけ安く施工してもらえることができるのです。また、地元の人であればお得な割引が利用できるということもあります。施工期間も大手の住宅メーカーよりも短くなっており、早めに引っ越しをして総コストを抑えることができます。

加えて、敷地が狭かったり、土地が入れ組んでいたりすると大手の住宅メーカーでは施工費用が高くなりがちです。しかし、工務店ではこのような場合でもコストが余り変わらないということが多くなっています。

他にも仮住まいを格安で用意してくれるということもあり、安さの点では工務店のほうが遥かに優れているのです。

 

1-6.ローンの組みやすさ

「工務店だとローンが組みにくいのでは」と考える人もいますが、これは間違いです。むしろ工務店は地元の銀行と長い関係を築いているところも少なくなく、逆に大手の住宅メーカーよりもローンが早く組めるということもあるくらいです。大手の住宅メーカーの場合、ローンは完全に自分でしなければいけないこともあるので、ローンを組む上では工務店の方が利用しやすいことが多いのです。

 

 

2.大手の住宅メーカーならではの特徴

注文住宅を作る上で、大手の住宅メーカーのメリットも知っておきましょう。大手の住宅メーカーはなんといってもその規模の大きさが魅力的で、最新の工法を取り入れていることが多くなっています。そのため、特に新しい設備を取り入れたいという場合には大手の住宅メーカーが良い場合もあります。しかし、それだけ建築費用は増してきますから注意しましょう。

 

2-1.住宅メーカーはイメージが抱きやすい

モデルハウスが各地にあり、どのような家になるのか見学してイメージが作りやすいことも特徴です。ホームページ上でもモデル住宅を紹介しており、簡単にどのような家になるのかイメージが抱けます。

大手の住宅メーカーは全国的に支社や事務所があり、違う地域に引っ越しても同じ住宅メーカーを引き続き利用していけるという便利さもあります。これは建築会社を一つに絞りたい人にとっては大きなメリットでしょう。

2-2.大手の住宅メーカーにはこんなデメリットも

大手の住宅メーカーは何かと追加費用がかかりやすいこともデメリットでしょう。少し仕様を変更するだけでオプション代がかかるといったことは大手の住宅メーカーではしょっちゅうありますから、予定していた予算を遥かに費用がましてしまうことがあります。

また、大手の住宅メーカーで悩みどころなのが施工を下請けにまかせてしまうケースです。例えば大手の住宅メーカーでは注文を受け付けて仕様を相談することだけはするけれども、実際の施工や管理は下請けに丸投げというところがあります。そのため、実際にできあがった家が注文したものとは微妙に違うなんてことも起きてしまうのです。このようなことが嫌なのであれば、やはり注文から施工までしてくれる工務店に頼むのが一番よいでしょう。

 

3.まとめ

このように、注文住宅を頼む際に工務店と大手の住宅メーカーでは大きな違いがあります。どちらを利用した方が良いかは人それぞれですが、総合的な満足度は工務店の方が高めです。また、安さの点でもその後のアフターケアでも工務店はメリットが大きいですから、これから注文住宅を建ててもらう際には工務店を検討してみると良いでしょう。

「始めての家づくり塾」
毎月第3日曜日開催
10:00~
14:00~



常に快適な住まい作りを目指す
「あすなろ乃家」
株式会社蔵王工務店

^a^  ^s^  ^n^  ^r^
  福山市千田町千田3212-1
  TEL (084)955-1078


    っと驚く
    てきな空間
    かよし家族の夢と
    まんを叶えるお手伝い