いつもありがとうございます。「あすなろ乃家」株式会社蔵王工務店です^^

あすなろが 「日々のあれこれ」を書いています。 福山生まれ、福山育ち。

皆様にいちばん身近な地域密着型総合住宅業としてがんばって参ります。

新築工事・リフォーム・太陽光・・・お家のことならなんでも^^ご相談下さい。

人との繋がりを大切にした、家を造り続けます。

0c2d7d4a1eb62b89006ba57efd5442d2_l

長年住み慣れた家だけど、近ごろどうも古くなって住みにくくなってきたので、また新しくして住みやすくしたい。

そんな思いを持つ人にとって最初に頭を悩ませる問題が、「リフォームか、建て替えか」という選択ではないでしょうか。

単純な費用はリフォームの方が安く済むみたいだけど、今後のことも考えれば建て替えのほうがなんとなくいいのかも…。

というような悩みを抱える人は少なくないでしょう。

もちろんリフォームにも建て替えにも双方のメリットがそれぞれ存在します。

また、どちらかを選ぶ前に必ず注意しておかなければならないこともあります。

そうした情報をしっかり把握しておくことが、結果としてどちらを選択するにしても、

後悔の残らない選択ができることにつながるのではないでしょうか。

そこで今回は、リフォームと建て替えそれぞれの具体的なメリットについて整理し

また、どちらかを選ぶうえで気を付けておくべき点についてまとめてみました。

 

1.リフォームのメリット

リフォームのメリットには次のようなものがあげられます。

 

1-1.工事費用が安くて済む

まずリフォームを選択した場合のメリットとして一番に挙がるのは、工事にかかる費用の安さという点ではないでしょうか。

そもそもリフォームは「残せるものをできるだけ活かしつつ変えるべきものを新しくして家としての機能を取り戻す」

という作業なので、建て替えを行う場合と比べると、まず解体費用をかなり抑えることが可能です。

また、ほとんどのものをまた一から作り直していく必要がある建て替えの場合よりも、建築に必要な資材なども少なくなります。

そのため建築そのものにかかる費用以外の部分がかなり安く済むことになり、

結果として建て替えを行う場合と比べてかなり費用面で差が付いてきます。

 

1-2.工期が短くて済む

同様の理由で、リフォームを選択した場合、建て替えよりも工事にかかる期間はかなり短くなります。

やはり長年住み慣れた場所から離れている時間は少しでも短いほうが良いものではないでしょうか。

そうした部分もリフォームの魅力と言えるでしょう。

 

1-3.思い入れのある建物を残すことが出来る

こちらも解体の工程を経ないからこそのメリットです。

いくら古くなってきて新しく作り変えたいと感じた家であっても、そこはこれまで住んできた場所であり、

思い出の詰まった我が家でもあるわけで、やはり大なり小なり愛着や思い入れというものが建物自体にもあるものではないでしょうか。

リフォームを選択すれば、そうした建物を壊してしまうことなく、また快適に住める家へと「復活」させることが出来るかもしれません。

特に今お住いの家に対する思い入れが強い人にとっては、これは非常に大きなメリットとなるのではないでしょうか。

 

 

2.建て替えのメリット

上述でリフォームのメリットをあげましたが、建て替えのメリットはどのような部分なのでしょうか。

 

2-1.より間取りなどの自由度が高い

リフォームではどうしても、構造上位置を変えることが出来ない柱や壁が出てきたり、

水回りの場所を固定せざるを得なかったりという要因から、思ったように間取りなどを変更できず、

若干制限が加えられてしまうことがあります。

しかし、建て替えの場合には、一度家の取り壊しを行うため、そうした制限がかかってくる可能性はほとんどありません。

土地の特性などからすべてのことが実現できないという可能性はありますが、

基本的に全く新しく家を買うのと同じだけの自由度が保証されます。

どうしても実現したいと思い描いていた新居のプランなどを持っている方は、建て替えの方を選択したほうが良いかもしれません。

 

2-2.家としての機能が向上する

技術というものは、どんなものであっても必要性がある限り年々進歩していくものであって、

それは住宅に関連する技術も例外ではありません。

リフォームの場合は一部元のままの部分を残すことになりますが、建て替えの場合住宅部分については

まったく新しく作り直すことになるので、建てる時点での最新の技術を用いられた住宅が建てられることになります。

つまり元の家よりもより快適に過ごしやすい環境が整った家になるということで、具体的には、断熱・防音・耐震・湿度調節

と言った家の基本機能が向上することになります。

家を新しくしたいと感じた理由がこうした機能面の問題から来るものであったならば、リフォームよりも建て替えの方が長期的

に見ると得になる、ということもあるかもしれません。

 

2-3.より長く住み続けられる家になる

また同様に、建て替えを選択した場合は新たに家を建てることになりますから、家自体の耐用年数はリフォームを行った場合

よりもはるかに大きく伸びることになります。もちろんリフォームでも家としての「寿命」を引き延ばすことは可能です。

ただし、それにも限界があるため、何か理由があって、より長く住みやすい状態の家を保ちたい、

という方には建て替えという選択肢を選ぶことをオススメします。

 

 

3.どちらかを選ぶ前に気を付けておくべきこと

リフォーム、建て替えどちらにもそれぞれのメリットがありますが、もちろんそれぞれに注意しなければいけない点もあります。

 

3-1.建て替えが出来ない土地もある

家や土地の状況によっては、建設以降に起こった建築基準法や所在地自治体の条例の改定によって、

建て替えを行うことが出来ない(行おうとすると「違法建築」になってしまう)という場合もあります。

条例については市町村に問い合わせれば教えてもらえるため、第一に自分の住んでいる場所にどんな規制が

かかっているのかということをしっかり把握しておくことが肝心です。

また、建てられないというほどのことはなくとも、「建て替えをしたら予想以上に家が狭くなってしまった」

というのは失敗談としてよくある話です。現在の法規制に照らし合わせると、建て替えを行った場合どの

程度の広さが家に確保できるのか、ということも事前にきちんと確認しておきましょう。

 

3-2.リフォームの場合、維持費のことを必ず頭に入れておく

家というものはどうしても建てたその時点から年々劣化していくものであり、必ず定期的なメンテナンスが必要になります。

リフォームを行って、普段の生活をする上では便利で新しくなった家に暮らしているようでも、

建物自体が古ければそれだけ維持費は大きくかさむことになります。

コストの面で比較する際には、リフォームの方はより多く維持費がかかってくるということもしっかりと計算

に入れたうえで、10年、20年スパンで見た時にどちらが得かということをしっかりと見定めましょう。

一般的な目安としては、建て替え費用の7割以上リフォーム費用が必要になるようなケースでは、

後でかかってくる費用も含めるとリフォームを行った方が損になってしまうというように言われています。

 

 

4.まとめ

「リフォームか、建て替えか」という選択は非常に悩ましい問題であり、どちらを選んだとしてもともにメリット・デメリットが存在します。

あちらを立てればこちらが立たぬ、というような問題であるからこそ、まず自分の考えていることをしっかり明らかに

することが重要です。どうして家を新しくしようと考えたのか、自分は家に何を求めているのか、

更に今後どんなライフスタイルで住んでいくか、といった様々な要素から慎重に自分の思いを見つめ直す必要があるでしょう。

また、自分の今住んでいる家の状況についてもしっかりと把握しておかなければなりません。

そもそも建て替えが可能なのか、建て替えたとしてどのくらいの広さになるのか、リフォームでも十分に

快適な状態を保ち続けることが可能かなど、把握しておくべきことは数多くあります。

家は、自分や家族が人生の大部分を過ごす場所であり、生活の基本でもあります。

そんな重要な場所であるからこそ、目先の費用などで単純にどちらかを選んでしまうのではなく、

じっくりと慎重に検討を重ねることが、公開のない選択を生むことは間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

「始めての家づくり塾」
毎月第3日曜日開催
10:00~
14:00~



常に快適な住まい作りを目指す
「あすなろ乃家」
株式会社蔵王工務店

^a^  ^s^  ^n^  ^r^
  福山市千田町千田3212-1
  TEL (084)955-1078


    っと驚く
    てきな空間
    かよし家族の夢と
    まんを叶えるお手伝い